So-net無料ブログ作成
検索選択
2013 北海道ツーリング ブログトップ
前の3件 | -

2013 北海道ツーリング その4 [2013 北海道ツーリング]

ようやく2013 北海道ツーリングもファイナルを迎えることが出来ました。

今回の北海道記事は「もう書かなくて良いかな」と思うこともありましたが、「その3」までの記事を読んで頂いた方がいてくれたおかげで、最後まで書き上げることが出来ました。

アクセスして頂いた方々ありがとうございました。

まぁ、さらっと見てください。

2013 北海道ツーリング その1

2013 北海道ツーリング その2

2013 北海道ツーリング その 3

**********

9月19日

曇りであります。
003.jpg
僕が到着した時には一人ぼっちで、あまり人気の無いキャンプ場に来てしまったかな?と思ったのですが、
翌朝にはには数張りのテントが張ってありました。

昨晩は予報ではなかったのですが雨が降った様です。(熟睡していて、全く気づきませんでした。)
004.jpg
今日は北海道最終日なのですが、この天気ではテントを乾かすのは無理っぽいので、泣く泣く濡れたテントを袋に詰めて、キャンプ場を後にします。

テント泊で最終日の夜に降られるのはあまりよろしくないですね。


先ずは恒例の(?)セイコマモーニング。甘党なのでドーナツも一緒に。
007.jpg
モーニングをしながら帰りのフェリー乗り場、苫小牧までのルートを検索。

襟裳岬経由で向かうことにしました。

とりあえずR240(まりも国道)で南下して、海沿いの国道R38に出ることに。

のんびりと走ったのですが、R38に出るのが思いのほか早かったので、しらぬか辺りから地図で見るとクネクネが面白そうなR392(白糠国道)を走ることにしました。

しかしこの日は(普段の日を知りませんが)大型車が多くて思ったほどクネクネを楽しめませんでした。


本別辺りでR38に戻るため、K56にて南下。

相変わらず無計画です。

K56の終着点(だと思う)うらほろでお昼時になったので、道の駅うらほろに併設されていたレストランでランチに。
009.jpg
名前、値段共にもう忘れてしまいましたが、豚丼(味噌汁、お新香付)的な物をオーダーしたと思います。

011.jpg
食べログでは「ドライブイン的な味」とぱっとしない評価の多いお店でしたが、僕的には豚が肉厚で柔らかく、なかなか美味しかったと記憶しております。(まだまだ濃い味を楽しめるみたいです(笑))

腹ごしらえを終えた後は、バイクの燃料を補給してR38からR336を走って襟裳岬を目指します。

R336は豊似辺りまではツーリングマップルで「R336は民家皆無で交通量少ない、スピードの出し過ぎに注意」と書いてあるように、ほとんど車ともすれ違う事も無く、本当に快適な道でした。
道を譲ったり、譲られたりって結構面倒なのですよね。

「豊似防災ステーション」とやらでタイヤチェック。
013.jpg
見れば見るほど妙な減り方をしています。こんなタイヤでも走っていてもあまり違和感を感じないのが不思議です。

この時点で14:45。
襟裳岬まで行くと苫小牧までの道中を暗い中を走ることになりそうだったので、R236天馬海道でショートカットをしてしまおうかと悩みましたが、2年前も襟裳岬行けなかったのでこのままR336を南にむかうことに。

黄金道路を快調に走り、
014.jpg
017.jpg
(この頃には天気も良くなってきました。)

16:00頃襟裳岬に到着。
036.jpg

どえらい風が強かったです。
040.jpg

特に見るべきものもなかったのですが、適当にぶらついていたら日がだいぶ傾いてきてしまいましたので、
30分程滞在して、そそくさと襟裳岬を後にしました。
021.jpg

暗くなった道を走り、
045.jpg

前回も利用した苫小牧港付近にある「なごみの湯」に到着。
046.jpg
途中、休憩を取りながら走ったのですが、この日は結構な距離を走ったのでとても疲れました。

なごみの湯で乗船手続が始まるまで時間を潰し、

時間になったらフェリーターミナルに戻り、手続き・お土産の購入を済ませます。

フェリーの乗船は定刻通り。
047.jpg
行った人には分かると思いますが、北海道大地を離れるこの時は色々な感情が湧き起ります。

乗船してからのディナーは質素にやぎそば弁当とクラシックの北海道セット(?)
049.jpg
商船三井フェリーは相変わらず貨物船に毛が生えた程度の作りです(笑)

ディナーの後は疲れていたので、すぐに眠りについてしまいました。

本日の走行距離:460km

**********

9月21日。

晴れであります。
005.jpg

モーニングは昨日買っておいた重そうなカップラーメン。
007.jpg
意外にも朝ラーはペロリと平らげられました。

デザートにアイスを2本。
010.jpg
013.jpg
大洗までの暇つぶしは船内にあった荒川アンダーザブリッジを読んだり、寝たりとダラダラ生活をを楽しみ、

20:00頃大洗港に到着。
026.jpg
030.jpg

いきなりですが無事に帰着(笑)
031.jpg
今回の走行距離は2482.9km

今回の旅で一通り北海道を回れたつもりになれたので、次回からは道央辺りに停泊し、軽装のバイクで林道を走ったり、雨の時はどこにも行かずキャンプを楽しむ、なんて事が出来そうです。

しかし2013って(笑)

ではでは。
nice!(13)  コメント(4) 

2013 北海道ツーリング その3 [2013 北海道ツーリング]

本当に鋭意作成したのか?と思われるぐらい時間がかかってしまいました(汗)

ダイジェスト版になってしまった記事を適当に読んでやって下さいm(__)m

2013 北海道ツーリング その1

2013 北海道ツーリング その2

**********

9月18日

予報通りに晴れであります。
009.JPG
昨日は雲に邪魔されて見られなかった羊蹄山の山頂を拝めました。正規分布図の様ですね。
ファットテールには気を付けましょ~!(意味不明(笑))

函館、羊蹄山まではある程度プランを立てていたのですが、この先はノープランなのでコーヒーを飲みながらじっくりとこの先の目的地を考えます。
006.JPG
いつも思うことですが、少し冷え込むキャンプ場でのホットコーヒーは本当に美味しく感じられます。

ローソンで朝飯に肉マンを食べて、とりあえず洞爺湖に向かうことに。
015.JPG


R276からR230を経て、洞爺湖に到着し、周遊道路を走っていると、


あれ?何かおかしい。

あれれ?

シ、シフトダウンが出来ないんですけど~(汗)

止まってガチャ・ガチャとシフトペダルを動かしているとなんとかローまで落ちました。

う~ん、原因が分かりません。

とりあえず騙し騙し走るしかなさそうです。

その後、何とか「道の駅 そうべつ情報館i」に到着。

とりあえず腹が減ったので、バイクの事は忘れて(オイ!)道の駅の向かいにあった「食事処 サムズ」でランチに。
024.JPG

どこでも食べられるカツカレーを食します。
023.JPG
ドライブインのカレーと言った感じのお味でした。



腹が満たされた所でバイクの事を考えます。

と言っても出来ることは限られているので、さっさとアクションを起こします。

先ずクラブヤマハYSPのロードサービスに電話、次に任意保険のロードサービスに電話をしましたが、どちらも時間がかかるとのこと。

結局、自走でバイク屋が直ぐに見つかりそうな札幌まで行くことにしました。

高速に乗って、ノンストップで札幌まで向かえば、シフトダウンをすることもあまりないので何とかなるでしょう。

という訳で伊達インターから道央自動車道に乗り、札幌北インターで下りて札幌にある「中村商会」に到着。
027.JPG
いや~、ここまでの道程は2時間以上走りっぱなしだったので、本当に疲れました。


早速、若い店員さんに症状を伝え、バイクを見てもらいますが原因がわかりません。

そこでピットに居たベテランメカニックさんにバイクを見てもらうと「ここ」と一瞬で原因を判別してくれました。

原因は写真中央付近にあるボルトの油切れでした。
030.JPG
このボルトが油切れを起こすとペダルが下がった状態から戻ってこなくなり、シフト操作が出来なくなるそうです。

ここを定期的に注油しないといけないとは知りませんでした。自分の知識不足を恥じるばかりです。


作業は10分程で終わりました。

時間は17時になっていたので、バイク屋さんで教えてもらったキャンプ場に向かうことに。
(中村商会さん色々とお世話になりましたm(__)m)

バイク屋さんを後にしてからしばらくすると予報では全く無かった雨が降ってきました。

という訳で軟弱キャンパーは岩見沢にあった「秋田屋旅館」に飛び込みでチェックイン。(バイク屋さんすみません。)
032.JPG
やっぱりツイン(2人)の部屋。ベットじゃないので、とにかく無駄に広く感じました(笑)

晩御飯は旅館近くのラーメン屋でみそらーめんを食べて、24時頃就寝。

う~ん、今日は良い勉強になりました。

明日は晴れの予報です。


本日の走行距離:270kmぐらい

本日のルート

大きな地図で見る

**********

9月19日

予報通りに晴れであります。
003 (480x640).jpg

今日は前回の北海道ツーリングで行く事が出来なかった阿寒湖に向かうことにしました。

出発前に何気なくタイヤを見ると変な減り方をしています。
004 (640x480).jpg
後ろの荷物が重すぎてフロントが浮いているからか?オフ車はこういう減り方をするのか?
理由は分かりませんが、山はまだあるのでそのまま走ります。

県道38号線→国道274と走り、

どこかのセイコマで今回の旅で初めてのHOT CHEF。
005 (640x480).jpg
お値段は少し高めですが、大きいのでコスパは良いかと思います。

新夕張辺りで左折して石勝樹海ロードへ。
006 (640x480).jpg

道の駅樹海ロード日高で休憩。
012 (480x640).jpg
名前は分かりませんが、色とりどりの花が咲いてる花壇がそこここにあり、とても綺麗でした。

再び石勝樹海ロードを走り、石勝展望台で休憩。
014 (640x480).jpg
石勝樹海ロードは前回北海道に来た時にも走ったのですが、今回のように新夕張から十勝清水に向かう方が車も少なく快適に走れたような気がします。逆方向はトラックが多かったように思います。

予定ではこの後、近くにある「清水ドライブイン」で牛トロ丼を食べる予定だったのですが、
通り過ぎてしまたので、今日は(も)昼飯抜き決定です。

断食も決まったので後は淡々と阿寒湖を目指すことにしました。

十勝川の上流を眺めたり、
020 (640x480).jpg
018 (640x480).jpg
(この時セローで初めて舗装路以外を走りました。荷物が無ければ未舗装路も楽しそうですね。)

適当に休憩しながら走り、15時30分頃に阿寒湖近くあるキャンプ場に到着。
032 (640x480).jpg
こちらのキャンプ場は静かなのは良かったのですが、芝の状態が悪かったのが残念でした。

テントを張った後に阿寒湖を見に行ったのですが、阿寒湖は結構な観光地なようで、団体さんやらで沢山の人がおり、写真を撮ることもなく速攻で撤収し、阿寒湖近くにあった「まりも湯」へ行ってしまいました。
034 (640x480).jpg
033 (480x640).jpg
僕はここの温泉のタイルが生理的に受け付けられず、歩くのにかなり苦労しました(笑)

ディナーは定番の物を食べながらビールを数本を空けて、21時頃に就寝。
037 (640x480).jpg

やっぱり晴れって良いですね(笑)

明日は曇りの予報です。
つづく

本日の走行距離:310kmぐらい

本日のルート

大きな地図で見る
nice!(15)  コメント(9) 

2013 北海道ツーリング その2 [2013 北海道ツーリング]

2013 北海道ツーリング その1

**********

9月16日

予報通りに雨であります。
002.JPG

今日は部屋着で用意していた(洗濯が楽そうな)ジャージの上から合羽を着込みます。僕はジャケットとは別に着込むタイプのプロテクターを使っているので、多分ディフェンスは問題ありません。(あるだろ。)

ここのホテルバイクを屋根下に駐車させてもらえるのが良かったです。
006.JPG

今日も北海道の外周を周るように海沿いの道(R228)を走ります。相変わらず、車が少なく楽しい道です。しかし台風が接近してきているので、昨日よりも雨が激しい(汗)ちょくちょく休みながら13時頃1日目の目的地としていた函館に到着。

函館で何がしたかったかと言うと、今回の旅の目的の1つでもあった

全国ご当地バーガーNo.1になったらしい「ラッキーピエロ」の「チャイニーズチキンバーガー(松)」と
008.JPG
ハセガワストア(通称ハセスト)」の「焼き鳥弁当(小・タレ)」のB級グルメのはしごディナー。
(ランチになってしまいましたが)
011.JPG

チャイニーズチキンバーガーの大きさはマックで言うとビッグマックぐらいでしょうか。そのまま噛付こうとするとかなりきついです。甘みを感じるバンズに甘辛い中華風(?)のタレがからんだ唐揚げが何個か(一枚肉ではなかった気がする。)とシャキシャキとした新鮮そうなレタス、それにマヨネーズが絡み合えば、それはもうB級グルメとして間違えない味でとても美味でした。

焼き鳥弁当は甘辛いタレで味付けされた豚・ネギ串3本が海苔を敷いたごはんの上に乗っかっているという出で立ちです。こちらは豚・ネギ串は美味しかったのですが、串にタレを着け過ぎたのか下のご飯にタレがかかりすぎていて、ご飯まで重くなってしまい、残念ながら全体的に味が濃すぎてイマイチな印象を受けてしまいました。
次回は別の味を試してみましょうかね。

はしごランチは隣り合って雨の時でも楽なラッキーピエロ・ベイエリア本店とハセスト・ベイエリア店がお勧めです。
015.JPG
(街路樹が邪魔だ。)

それと大食いの人は1日限定20個ですがTHEフトッチョバーガーなるものもあるのでチャレンジしてみて下さい。
l_futoccho_bg.jpg
800円とリーズナブルです。

んで、今日もホテル泊です。
039.JPG
駐車場が別料金ですが、こちらのホテルも屋根があるところにバイクを停められました。

んで、飛び込みなのにシングルルーム。
018.JPG
軟弱キャンパーはシングルルームをゲットするため、はしごランチをする前に先にホテルに寄ってしまっていました。

夕方頃には雨も上がってきましたので、夜は軽く赤レンガ倉庫周辺をぶらつきました。
028.JPG030.JPG031.JPG
函館山からの夜景はもっと素敵なのでしょうが、男一人での観賞は自重しました(笑)

夜ごはんはランチのダメージが残っていたので(15時頃食べた)こんな感じです。
045.JPG
ザンギを入れて、なんとか北海道っぽさを出してみました。


しかし合羽の浸水は問題ですね。僕は通勤でも使用するのでなるべく長持ちして欲しいのですが。

1.高い合羽(GOLDWINでいうとGSM12211 ゴアテックス レインスーツ)を高い防水スプレーでメンテナンス

2.高い合羽を安い防水スプレーでメンテナンス

3.安い合羽(GOLDWINでいうとGSM12209 GWS エントラントDTコンパクトレインスーツ)を高い防水スプレーでメンテナンス

4.安い合羽を安い防水スプレーでメンテナンス


夏場に蒸すのでホムセン合羽とかは論外なのですが、さて、どれが一番コストパフォーマンスが良いのでしょうかね?
ツーリング用と通勤用で使い分けるのが実は一番なのかな・・・。

あっ、「安い」という表現は相対的にですので(笑)


それと今更ではありますが、カメラは防水の方が良いですね。

雨だと全然写真が撮る事が出来ません。

少なくとも防水の携帯かスマホを用意しないと。

ちなみに現在はSH901iSを使ってます。
SH901isB5785omote.jpg
これを人前で晒すのは結構勇気が要ります(笑)

明日は晴れの予報です。

本日の走行距離:160kmぐらい

本日のルート

大きな地図で見る

**********

9月17日

予報通りに晴れであります。
001.JPG
(道の駅なとわ・えさんより)

今日も北海道の外周を周るように海沿いの道(R278)を走ります。雨は降っていないのですが、台風の吹き返しの風でしょうか。横風が半端なく直線でもバンクさせられます。R5に入ると更にすごい風で恐怖すら感じました。
008.JPG
011.JPG
(ジェットコースターの道的なものは色んな所にあります。)

そんな状況の中、なんとか長万部に到着。

長万部と言ったら「かにめし」。

というこで「かにめし本舗 かなや」にてランチ。
015.JPG
017.JPG
こちらの弁当ご飯がほとんど見えないぐらいにカニの身で覆われていて、駅弁なのにほのかに暖かかったような気がしました。
カニは毛蟹が使われているそうですが、僕にはどのカニを使われても多分違いが分からないと思います(笑)
カニの味付けは甘じょっぱい感じで白飯にとても合います。美味しくて箸が止まりませんでした。1,050円とちょっと高いのが難点でしょうか。

かにめしを外で食べるうえでのアドバイスを1つ。
強風の中ではパサパサ(表現が悪いが)のカニの身がすっ飛んでいくので、風上に防御壁的な物が必要になります(笑)
(本当は店内でも食べられるらしいのですが、この日は直売所しかやってませんでした。)

お腹を満たした後は今日の寝床、蝦夷富士と呼ばれる羊蹄山麓にあるキャンプ場を目指します。

豊浦からK97を北上。
019.JPG
正直、海沿いの道の景色に飽きてきていたので、緑に囲まれたこのワインディングは良い気分転換になりました。

で、無事に寝床の「京極スリーユーパークキャンプ場」に到着。
032.JPG
雲がかかっているのが残念ですが、小さい富士山的な綺麗なフォルムですね。

こちらのキャンプ場は徒歩2~3分の所に「京極温泉」があり、バイクキャンプでありがちな湯冷めの心配も無く、買出しも温泉の斜向かいにローソンがありとても便利です。(本格的に料理をしたい人は1km程の所にAコープもあるそうです。)芝生も良く整えられていて、トイレ・炊事場も綺麗でキャンプ場自体の環境もとても良かったです。

週末は混むそうですが、この日は平日だったので、僕を入れて5張りのキャンプ場はとても静で過ごし易かったです。

テントを張った後に京極温泉に汗を流しに行きました。
034.JPG
温泉の事はよく分かりませんが、北海道の夕方は冷え込んできていたので、温泉の温もりがとても気持ち良かったです。

温泉に浸かり終え、着替えているとちょっとした騒ぎがありました。
どうやら貴重品入れを使わなかった人の財布やらが盗まれてしまったようです。
警察官も入ってきて、色々と調べていると、野次馬のおっさんが「これは地元ヤツの仕業じゃねぇ~な。」と言い出しました。
ライダースジャケットを羽織った僕は異質だったようで、野次馬さん達の目線が僕に集中。そして警察官の目線も。
職質をかけられるのも面倒なので「おっさん。余計なこと言ってんじゃねぇ~よ。」と心の中で呟きながら、そそくさと温泉を後にすることになってしまいました。(本当はもう少しのんびりしたかったのに。)

んで、ディナーは毎度おなじみのこんな感じです。
038.JPG
暗くてよく分からないと思いますが、僕は結局こんなのが好きみたいです(笑)

でも手軽に出来るキャンプ料理みたいな本があったら買ってみようかな?パスタなんかは簡単らしいけど。

21時頃就寝。
043.JPG
テントを張ってシュラフで眠る。非日常を感じられて良いものです。

明日は晴れの予報です。

つづく

本日の走行距離:260kmぐらい

本日のルート

大きな地図で見る
nice!(16)  コメント(6) 
前の3件 | - 2013 北海道ツーリング ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。