So-net無料ブログ作成
検索選択

事故です。(続き) [事故]

どうも、来週には仕事復帰出来そうなoasisです。

物損の話が纏まったので、事故の事を書きたいと思います。

事故の現場の状況図はこの様な感じでした。
zikojyoukyou.jpg

10月29日6:30時頃事故発生。

R15を東京方面に直進中にガソリンスタンドから出てきた車が私のバイクの左フロントフォーク部に接触し、僕は右斜め前方に投げ出されました。僕のスピードはすり抜け中だったので20km/hぐらい、相手は10km/hぐらいだったと思います。図を見てもらえば分かるようにサンキュー事故です。

(現場検証の時に警察に聞いたのですが、僕のやっていた行為は(すり抜け)一応違法ではないとの事でした。違法でなければなんでもやってよいという訳では無いけど。)

接触後、とりあえず車とバイクを交通の妨げにならない場所に移動しようということで、バイクに乗り上げていた車をバックさせ、私はバイクを起こして移動させようとしましたが、膝と肘の痛みでバイクを起こせませんでした。
幸運(?)なことに私の後ろを走っていたバイクの人が止まってくれていて、僕の変わりにバイクを移動してくれました。
しかも「目撃証言をします。」と現場の立会いもしてくれ、この方には本当にお世話になりました。

その後、特に怪我が無さそうな相手方に「警察に連絡してほしい」と言うと「携帯を忘れてきたので出来ません」との事(汗)

仕方が無いので、私から警察に連絡。

警察「緊急通報ダイヤルです。事故ですか?事件ですか?」

僕「バイクと車の事故です。」

警察「怪我はしてますか?」

僕「してます。」

警察「救急車は必要ですか?」

僕「とりあえずいらないです。」

警察「場所はわかりますか?」

僕「はい、R15の*******付近で、進行方向は東京方面です。」

警察「わかりました。」

(終始、冷静に対処ができたと思う。と言うか、相手がかなり慌てていたので、こちらが冷静にならざるを得なかった。)

もしかしたら聞き違いかもしれませんが、「携帯電話のGPSでもその辺りを示しています。」とか言っていた気がするけど、警察ってそんな情報にもアクセス出来るのですかね?


警察を待っている間に会社に連絡。

この時、事故相手の方から「会社に連絡したいので、携帯貸してくれませんか?」と言われたので貸しましたが、後で発信履歴をみると104に一度かけてから会社と思われる番号にかけていました。

会社の電話番号って覚えていないものなのですかね?


通報から15分後ぐらいに事故処理班が到着。

「怪我してますか?」と言われたので「肘と膝が痛いです。」と伝えると「それでは人身事故扱いにします。」との事で、
現場検証が始まり、僕・相手方・後ろを走っていたバイクの方とそれぞれ事故の状況を聞かれました。

僕は内容を伝えた後、左フロントフォークを指差した写真を撮られました。

しばらくすると警察官から「エンジンかかりますか?」と言われのたで、エンジンをかけてみると普通にエンジン始動。

さすが(?)ホンダ車。さすが(?)VTR。

警察官から「バイクの方はもう行ってよいのですが、走れますかね?」と言われたので、一通りバイクを見てハンドルは曲がっていましたが、とりあえず走れそうだったので、相手方と連絡先を交換して現場を後に。

連絡先を交換する時、相手の方が「家に電話を引いていなくて、今、携帯を持っていないので連絡先を書けません。」と言われたので、悪い人ではなさそうだったのですが、正直「この人、大丈夫かな?」と思いました(笑)

しかし自分の携帯番号も覚えていないとは。


会社到着後、当方保険屋に連絡し、総合病院に診察へ行きました。

夜、加害者から連絡があり、一安心。

翌日、相手方保険屋から連絡有り。


当方車両の被害状況

ミラー傷
003.JPG

ハンドル傷・曲がり
004.JPG

ブレーキレバー折損
002.JPG

ウインカーレンズ割れ
001.JPG

左フロントフォーク傷
001.JPG

フロントフェンダー割れ
003.JPG

ホイール傷
004.JPG

マフラー傷・凹み
006.JPG

外観から見た損害状況はこんな感じです。

フロント周りは総取替え・・・等々言ってましたが、概算での修理費は25万円かかるそうです。

で、気になる’09VTRの時価額ですが、なんと驚きの31万円!?

僕のバイクは48,000km程走っていて、少し前にホンダドリームで査定に出した時「値段がつかない」と言われたのですが、事故査定の時には走行距離は関係ないようです。(本当の所は不明。)


事故の過失の割合は(私)0:9(相手)になりました。

あまり聞いたことがない割合なので補足説明をさせてもらうと、

相手の車の修理費は相手が全額負担し、私のバイクの修理費は相手が9割負担し、私が1割負担と言うことになります。

相手の車が代車だったので、示談交渉が多少面倒でしたが、過去の判例と照らし合わせて、自分的には納得した過失割合を勝ち得たと思います。

示談交渉中、2:8→1:9と言われていましたが、(ちなみにこちらの保険屋からも1:9と言われました。)自宅療養中、暇だったので、色々と自分で調べて、この割合まで持って行きました。

今回、事故の示談交渉をして思ったのが、示談交渉には自助努力が必要だということです。

過失割合に納得がいかない場合は保険屋にまかせきりにしてはいけません。

彼等(彼女等)はこちらが素人だと思って(実際そうなんだけど)保険屋同士で示し合わせたかのような割合しか提示してきません。(保険屋さんの人、すいません。)

僕は利用しませんでしたが、交通事故紛争処理センターなんてのもあるので、ここに相談するのも手でしょう。

後で「保険屋さんがちゃんとやってくれなかった。」とか嘆いても、負け犬の遠吠えにしかなりません。

「お金を払っているんだから、保険屋さんが全部やるべきでしょ。」と言う気持ちもわかりますが、現実はこの様な状況なのです。(だと思います。)

ちなみに僕クレーマーじゃないですよ(笑)


事故当日の流れと被害状況、示談交渉(過失割合)はこんな感じでした。

事故に遭って良いことは何も無いのですが、不幸中の幸いは今回の事故で下取り0円のバイクが25万円(概算ですが)になったことになります。

ここで問題になるのが修理費をどの様に使うかです。

示談金の使途は受取人次第なので、「直すべきか?」「下取りが25万円ついたと思って、買い換えるかべきか?」

経済合理的に考えると下取り0円のバイクに25万円(全額使わなくても良いんだけれど)かけて直すのは不合理なので、答えは後者になると思うのですが...。

バイク通勤なので、あまり悩んでいる時間は無いのですが、さて、どうしましょうかね?

最後にもう一度言わせて貰いますが「事故に遭って良いことは何もありません。」
コメント(20) 
共通テーマ:バイク

事故です。 [事故]

通勤途中、スタンドから出てきた車に横から突っ込まれました。

大した怪我はしていません。(誰も心配しないか(笑))

オートバイも思ったよりも壊れていない・・・と思う。

今日はそれだけで。

共通テーマ:バイク

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。