So-net無料ブログ作成
検索選択

サイドバッグサポートバー自作、それと小細工。 [オートバイ(用品)]

サイドバッグサポートバー(的な物を)を自作してみました。

VTRはサイドバッグをステーを用意することなく取り付けられたのですが(有った方が良いと思うけど)、
セローはサイレンサーの位置が高いのでサイドバッグとサイレンサーが干渉してしまいます。
008.JPG

必要ないかもしれませんが下からの画も。
009.JPG

自作するにあたって用意した物が、MM21のセキチューで見つけた、このようなステー各2本と
010.JPG
(Z型は右側用、ストレートの方は左側用)

ボルト2本とナット2個。
015.JPG
たったこれだけ。

※ボルト・ナットは六角穴つきボルトだと、純正で使われている六角穴つきボタンボルトとレンチサイズが違うので、
後日交換する予定です。(ホムセンレベルだと六角穴つきボタンボルトって売ってないんですよね。)

参考までに六角穴つきボタンボルトで使うレンチサイズ表と
キャプチャ.JPG
六角穴つきボルトで使うレンチサイズ表。
キャプチャ02.JPG


先ずステーに開いている穴がM6なので、M8のボルトが入るように穴径を拡大。
025.JPG
後で思ったことだけれど、M6の六角穴つきボルトを使っても良かったかも。
レンチサイズも同じになるし、穴径拡大もしなくて良かったし(汗)

後はキャリアに開いている穴にボルトを通して、
001.JPG
(リア側のボルトが例の六角穴つきボタンボルトです。)

取り付けるだけ。
031.JPG
右側のステーを最初は下向きにしてましたが、上向きにした方がしっくりきました。(デグナーNB-13の場合)

これだけ隙間が空いていればとろけない...かな?
024.JPG

またもや必要ないかもしれない下からの画。
019.JPG

左側は別に要らなかったかもしれませんが、北海道での悲劇を繰り返さないためにも。
021.JPG

純正品より格好悪いですが、サイドバッグに隠れちゃうし、サイドバッグを使用する時(キャンプツーの時)にしか着けないので、僕的にはこれで充分かな。(後で気が変わるかもしれませんが。)

費用は全部で1,500円(純正のサイドバッグサポートバーは11,500円)かからなかったと思います。

実走試験はまだしていないので、北海道に行く前にキャンプツーに行かないと。

**********

それと小細工。

工具入れと書類入れのネジを蝶ネジに交換しました。
002.JPG
このネジ、硬貨で回るらしいのですが、かなり固いんですよね。小銭が無いとき困るし。

005.JPG
004.JPG
これで電子マネーの時代が来ても安心(笑)(もう来てる?)

※この小細工、セロー乗り定番チューン(?)らしいです。

ではでは。
nice!(10) 
共通テーマ:バイク

nice! 10

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。